FC2ブログ

記事一覧

食料自給率にこだわる事のおかしさ

食料自給率が大事だという主張がある。又、そのためにも農業を保護するべきだという主張も多い。このような考え方に僕は賛同できない。このような主張をするような人は食料自給率を何%にするべきだと考えているのだろうか?恐らくだが100%が理想だと考えているのだと思う。そして、食料自給率が100%なのであれば、有事の際でも日本人が飢えに苦しまなくても良いと考えているのであろう。本当にそうだろうか?言うまでもないが、農...

続きを読む

農協は農家のために働いていない。

個々の農家が資材を買ったり売ったりする時に、大企業相手だと高い価格で買わなければいけなかったり、安い価格で農作物を売る羽目になったりするので、それを防ぐために共同で売り買いをして農家が損な役目を負う事のないようにする事が農協の本来の役割だと飯田泰之さんが説明している。ところが、現状では資材をホームセンターで買った方が安いし、逆に売る時は農協に売る方が安くなってしまっているという。これではなんのため...

続きを読む

株式会社の農業進出を阻み日本農業をダメにする規制

株式会社が農業に進出しようとすると様々な規制によって阻まれると山下一仁さんは指摘する。役員の半分以上は常時農業に従事しなければならないし、株主総会での決議に参加して票を入れることができる権利である議決権も半分以上は農業関係者でなければいけないという。一般的に1単元株に対して1つの議決権があるらしいので、株式の半分以上を農業関係者が持たなければならない事になる。例えば、農業と関係のない友人や親戚などか...

続きを読む

サトウキビによるJAの儲け

沖縄の農業といえばサトウキビが思い出されるが、実際畑の半分はサトウキビが占めているのだという。どうして沖縄の農家がサトウキビを作るのかというと、多額の補助金が国から出ているからだと原英史さんは説明する。しかも、その補助金が桁違いで(?)、1tあたりの売買価格は約6000円だが、国の補助金で一t当たり約1万6千円を得られる事になっている。国の補助金によって 本来の価格の4倍近くの収入が得られるのだという。これ...

続きを読む

日本の食品加工業は海外に逃げていった

2013年の食品産業の国内生産額は1998年と比較すると2割も減少していると山下一仁さんが言っている。生鮮食品としての農作物の価格を関税などで高く維持する一方、加工食品の関税は引き下げてきた事が原因の一つだと山下さんは指摘する。---山下さんの説明日本で最終食品を作る菓子メーカーなどの場合、製品の関税は低いが原料となる米、小麦、砂糖、でんぷん、乳製品は全て高い関税で保護されている。輸入農産物を原料とする場合で...

続きを読む

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。