FC2ブログ

記事一覧

為替操作に対するトランプ大統領の批判

以前にも批判的に書いたが、トランプ大統領は国際収支にこだわる人のようである
(「貿易収支にこだわるのは20世紀的発想?」)。

その結果、米国経済がどん底に落ち込んでいるという話であればトランプ氏の気持ちも分かるが、全世界で景気が後退しているなか米国は比較的好調のようである。
国際収支にこだわらなければならない理由が僕には分からない。

少し前の話だが、「中国は為替操作国で不当に人民元を安くしている」という批判をトランプ氏はしていたらしい。

ところが実際の中国は、2015年頃から「輸出の減少や資本の海外逃避などが原因で人民元が下落する傾向が強まっており、中国人民銀行は人民元の下落を防ぐため、手持ちの外貨準備を放出して、人民元を買い支え」るような事をしていると伊藤元重さんは説明している(うろ覚えだが・・・ラジオで上念司さんも同じ事を言っていたように思う)。

つまり、トランプ氏の主張とは逆に下落する元が下がり過ぎないように中国は動いているのだ。

同じように日本についても円が安すぎるという批判をトランプ氏がしていたというような話をラジオで聞いた。
米国ほど経済の状態が良くない日本ではさらなる金融緩和が必要であり、その結果として円が安くなっているに過ぎないと僕は思っている。

国際収支にこだわるトランプ大統領によって金融緩和の手を緩める事になったりしないか心配している。
そのような圧力に負けないように政府には頑張ってもらいたい。

参考:伊藤元重「伊藤元重が警告する日本の未来」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。