FC2ブログ

記事一覧

自分の利益、楽しみのために生きるという事

日本の歴史には「義の人」と呼ばれる人が何人かいたようである。
主君に忠義を尽くした人がそう呼ばれる事が多いかもしれない。

こういう人が好きな人は沢山いるだろうが、僕は「義の人」を好きにはなれない。
第一に「義」に生きる事が周りにいる人を幸せにするか疑問に感じているという事がある。

例えば、主君に忠義を尽くす事は自分にとっては良いかもしれないが、それで家が潰れてしまったら家族も家臣も路頭に迷うか、最悪の場合、殺されてしまう。
又、楠木正成のように後醍醐天皇のような自分勝手な人に忠義を尽くした例もある。
正成という人も周り(武士)から見ると迷惑な人だったのではないか?そんな気がする。

第二に正義を唱えながら、自分の保身ばかり考えているとしか思えない人もいる。
当ブログでも紹介した戦争中の日本の指導者(「太平洋戦争時の責任者は責任を取らなかった」参照)、農協(「JAは農業協同組合とは呼べない」参照)などがそうだ。

前者は愛国を唱え、後者は日本農業を守る事を主張しているが、実際には保身に走り自分の利益を優先している。
最後は自分の身が可愛いのだ。

それだったら、僕達国民も自分の利益、楽しみのために生きる事を正当化されるべきだろうし、実際そのように生きても誰からも文句を言われる筋合いはない。
その事によって世の中がおかしくなるなら別だが、そうやって生きても世の中は問題なく回っていく。

若い女性などで韓国に旅行する人が増えているなんて話がある。
日韓関係が悪くなっている時に何故?という気持ちを持つ人もいるだろうが、その事によって韓国の日本に対する依存度が高くなるだろうから、韓国の反日的姿勢を改善する事に役立つかもしれない。
又、世の中の役に立つ仕事をする事は、それによってお金を稼げるので自分の利益になる。
僕達国民は、もっと自分達の利益、楽しみを追求しても良いのだと僕は思う。

参考:「 訪韓日本人「2割増」のなぜ 日韓関係冷え込む中
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。