FC2ブログ

記事一覧

コメの消費は減り、麦の消費は増えている

日本の米作は国によって保護されてきた。
特に高い関税と減反による高価格化政策(「農作物に対する国民の負担」参照)には問題が多いと思う。

山下一仁さんによると、その結果、コメの消費量はどんどん下がり、代わりに麦の消費量が増えているという。
・米の一人当たり年間消費量は1962年度の118 kg から、2014年度には55 kg へ半減
・麦の消費量は1960年の600万トンから今では850万トンに増加

農業の話ではないが、塚崎公義さんは以下のような事を言っている。
---以下概要
独占企業が儲かるか否かは、ライバルとの関係で決まる。ライバルという時に気をつけなければならないのは、同じ製品を売っている会社とは限らないということ。焼酎の独占企業があったとしても あまり高い値段をつけると日本酒に客が逃げてしまうから。
---


代替品がまったくないモノであれば、独占によって利益を上げられるかもしれないが、コメには麦という代替品があったという事なのだろう。
全部とは言わないが、日本の米作は消費者を軽視している傾向があると思う。

この事はテレビ(「テレビ放送に対する規制(電波オークション)」参照)や米国の自動車産業などにも感じる事だ。
国家がいくら保護したとしても、消費者ときちんと向き合わない産業や企業は衰退するしかないのだと思う。

参考:山下一仁「TPPが日本農業を強くする」
   塚崎公義「世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。