FC2ブログ

記事一覧

非正規雇用が増えたのは問題か?

非正規雇用の割合が増えている事を問題視する人がいる(1/6のサンデーモーニングでもデータを紹介していた)。
これって本当に問題なのだろうか?疑問に感じたのでちょっとだけ調べてみた。

竹中正治さんという方が書いた記事によると、
・非正規雇用者の比率が上がり続けているのは90年代からのトレンドであり、アベノミクスで始まったことでもないし、小泉政権時代に始まったことでもない
・20歳~64歳人口に対する正規雇用者数の比率だけで見ると2005年を底に上昇に転じている(図が無い事が若干引っ掛かるが)。

記事の中で「人口構成が大きく変わりつつある日本の状況を考えると、果たして雇用者数全体に対する比率で見ることは妥当だろうか」とあるが、全体ではなく、生産年齢人口における正規雇用の割合をみるべきだろう。
引退した高齢者が多くなっている状況では、非正規雇用が増えるのはある意味当然であり、全体に対する非正規雇用率が上昇している事に、それほどの意味があるとは思えないからだ。

もう一つ、データを見つけた。
「15年秋以降は正規雇用も増加に転じており、同年後半以降は非正規を上回る増加を示している。」というのだ。
高齢化による非正規雇用の増加が問題だとは思えないが、正規雇用が増えているのであれば、それはそれで素晴らしい事だと思う。

参考:竹中正治「アベノミクスで増えたのは非正規雇用者ばかり」という的外れなプロパガンダ
   「正規雇用者と非正規雇用者の推移」
   永濱利廣「アベノミクス円安、日本に多大な恩恵…正規雇用も賃金も増、家計の金融資産150兆円増」
   

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。