FC2ブログ

記事一覧

自分達の役割を果たしていない銀行

日銀の大胆な金融緩和が原因で国債の短期金利と長期金利の金利差が縮小、銀行などは資金を短期で調達して長期で運用するという事を熱心にやっているようで、その事によるもうけが少なくなり経営が厳しくなっているという。

又、2016年2月日銀はマイナス金利を導入した。
マイナス金利がなんなのかよく分かっていなかったのだが・・・
「民間の銀行が日銀に預けている日銀当座預金の一定額に対して、金利をマイナスにすることで預金している民間銀行が逆に金利を払わなければならない政策です。これは日銀の当座預金に一定以上のお金を寝かせておく銀行にはペナルティを課すもの」なのだという。
大胆な金融緩和によって銀行に供給された沢山の貨幣(マネタリーベース)を銀行がため込まず、起業や個人への融資や投資にお金を回すように促して、年率2%の物価上昇を目指すという政策なのだと上念司さんは説明する。

ところが、ここまでやっても銀行から製造業への貸し出しの伸びは鈍いと上念さんは主張している。
一つには銀行融資よりも有利な調達手段を借りる企業側も探すらしく、企業がなかなか借りてくれないというのがあるらしい。
ただ、他にも銀行が国債のディーリング(株式や債券等の有価証券の売り買い)にばかり熱心というのもあるのだという。

高度成長期に高金利で企業に貸しても、借り手側の企業がそれ以上に成長し返済できたので金融業は非常に楽なビジネスだったという。
それが原因で日本の銀行には審査能力が育たず、今でも担保がなければ融資を渋る傾向が続いていると上念さんは説明している。
それに輪をかけて、護送船団方式で政府が銀行一行も潰さないという事をやってきたので、余計に審査能力が身につかなかったようだ。

つまり、銀行が国債のディーリングにばかり熱心なのは、リスクを取るための審査能力を持たない事が原因であるらしい。
「銀行は本業の融資で収益が上がらない分、国債のディーリングというアルバイトで稼ぐという異常なビジネスモデルを何年も続けてい」ると上念さんは批判している。

たしかに僕が教科書で習ったのも、個人から預金などでお金を集め、そのお金を企業に貸す事で利ザヤを稼ぐのが銀行という話だった。
その事によって、資金のない企業も資金を得る事ができ、ビジネスをする事ができる、それが銀行の役割のはずだ。
今の銀行は、それ以外のビジネス(国債のディーリング)で稼ぐ世の中からすると存在感のない組織になってしまっているという事なのだ。

ただし、そんな銀行でも住宅ローンに対する貸し出しには非常に熱心であるらしい。
世の中には賃貸住宅を建てて、それを誰かに貸し出す事で生活費などを稼ごうとしている人がいて、そういう人への貸し出しには熱心という事なのだそうだ。
貸出先の個人は住宅を買ったわけだから、その住宅を担保に取れるので審査能力など無くても比較的リスクなしで貸す事ができるという事情があるようだ。
しかも、ローンが返済不能になり住宅を売却しても返済額に満たない場合、米国では返済額が担保の範囲に限定されるのでそれ以上の返済義務は無いのに対して、日本では住宅を売却して足りない分についても返済の義務はあるというのだ。
これなら、ローンを返してもらえないリスクは大幅に減らす事ができるであろう。

この事に対して上念さんは、こうする事でアパートやマンションを建てまくったら、賃貸市場はいずれ供給過剰になるのに、そういうリスクについてのアドバイスを貸出先のマンションオーナーに対して銀行はしないと批判している。
この事は、ローンを組んで賃貸住宅を建てた個人にとってもリスクであるが、本当に供給過剰になったら住宅ローンを組む人もいなくなるだろうから、銀行はここでもビジネスができなくなるのではないか?

国債でも製造業への貸し出しでも稼げていない状態で、住宅ローンでも稼げなくなったら銀行は何で稼ぐつもりなのであろうか?

上念さんは、銀行がベンチャー企業への融資に非常に消極的である事を批判している。
ベンチャーは創業して日が浅く資産など持っていないので、銀行が融資しないというのだ。
これでは日本にベンチャーは生まれてこない。
例えば、大量のベンチャーの貸出先を見つけて、それらに少しずつ出資しリスクを分散させるような事はできないのであろうか?
そのうちの少数でも当たってくれれば、銀行ももうけを出せるのではないか?
素人ながら、そう思うのだが銀行はどのように生き延びようとしているのだろうか?

参考:【講演】原田審議委員「マイナス金利付きQQEと日本経済」
    上念司「もう銀行はいらない」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。