FC2ブログ

記事一覧

NHKは必要とする主張(国民をバカにする堤未果氏)

堤未果という有名なジャーナリストがいる。
「日本が売られる」という本は発行部数が20万部に迫るほど売れているという。
この本は見た事がないが、「政府は必ず嘘をつく」という本は僕も書店に置いてあるのを見た事がある。
本が売れる事にはもちろん文句はない。
堺屋太一さん、高橋洋一さん、上念司さんなど非常に納得できる事を言っている人もいる。
しかし、堤氏は反グローバル資本主義の考え方を持っているようで、彼女の本は読む気になれない。

国際経済の話ではないが、この堤氏が公共放送は必要であるという事を主張している記事をWEBで見つけた。
公共放送はもう要らないと思っている(「公共放送はもう要らない」参照)身としては、彼女の主張は納得できない事が多すぎる。

まず最初に取り上げるのは、国会中継をNHKで24時間放送して欲しいという主張である。
国会という重要な場を全部中継しないのはおかしいというのはある程度納得できる。
どの党がどんな主張をしているのか知る事は国民が政治に参加するためにも必要な事であるとは思う。

だが、これをテレビでやる必要があるのであろうか?
いくら重要な国会での議論とは言え、朝から晩まで見る事ができる人はよほどの暇人だけなのではないか?
一部だけでも見るという人でさえ少数派なのではないか?
限りある電波を国会中継だけのために使用するのは無駄なのではないか?
公共放送でやらなくても、国会内に放送部を作りネットで配信すれば良いだけだと僕には思える。

次に「IT革命とコーポラティズムの台頭で、世論は「お金で買える商品」になりました。」と主張している。
国民は随分とバカにされたものである。
とりわけネットが発達した現代で顕著だと思うのだが、今の日本国民はマスコミでさえ信用していない。
「マスゴミ」などという言葉と共に、毎日新聞、朝日新聞などは国民の信用をどんどん失っている。
そんな国民が、お金を使っての世論喚起に簡単に騙されるはずがない

しかも、彼女は最近のNHKについて「政権に都合の悪い内容を避けているのが目立ちます。」という事を言っている。
そして、この事が「国民の「知る権利」を大きく脅かしています。」という危惧を抱いているらしい。
ネットなどで散々NHKが叩かれているのを彼女は知らないのであろうか?
NHKが政権に都合の良い内容を放送しようが、悪い内容を放送しようが国民は無条件で信じるほど馬鹿ではないのである。

NHKが堕落しているのだったらだったら、よけいに公共放送など止めてしまえば良いのではないか?と思うのだが、「採算度外視でも国民の知る権利という公益に奉仕する「公共放送」は、国家や国民、そしてその国の民主主義にとって、今後ますます重要な意味をもってくるでしょう。」とあくまで公共放送であるNHKを守りたいようである。
正直何が目的で、そこまでして公共放送を守りたいのか僕には理解できない。

もっとよく分からないのが「大きな災害が起こったときには、被災地が今どうなっているのかを、専門のチャンネルをつくって長期間、報道し続ける。」のも公共放送の役割だとの主張である。
何が分からないかというと、この文章のすぐ後に「かつては災害時などに公共放送がなかったら過疎地に情報が入らないという問題がありましたが、今はインターネットとスマホの普及でそういう必要性もなくなって、存在理由自体が揺らいでいます」と堤氏本人が言っているのだ。
それでも、どうしても公共放送が必要だと主張したいらしく「自然災害大国のここ日本で、今こそ大規模な防災メディアとしての役割が重要になってきていると思うのです。」と続ける。
こんな文章で、やっぱり公共放送は必要と納得できる人がいるのであろうか?
どうして、堤氏の書く本が1冊だけで20万部近くも売れたのか僕には理解できない。

必要なのは質の良い放送をすれば金になるというインセンティブが生まれる仕組みだと僕は考える。
国民が納得できる良い放送をすれば視聴率を獲れ、収入が増えるという仕組みが正しい仕組みなのではないか。
だからこそ、電波オークションをやって欲しい。
オークションで勝って電波の使用権を獲得できる企業は国民が納得できる良い放送をする事ができる企業であると思うし、電波を獲得しても良い放送ができなければ収入が減るので電波使用権を手放す羽目になるはずだ。
NHKもそういう自由な競争に巻き込まれるべきではないか、そのためにも民営化するべきではないか、僕はそう思っている。

参考:堤未果NHKが今、日本に必要とされる本当の理由
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。