FC2ブログ

記事一覧

対韓国輸出規制に対する大問題のTBSの報道

G20終了後に日本は対韓国向けの半導体の材料の輸出管理強化を開始した。
この報道を最初に聞いた時、徴用工問題に対する報復措置だとばかり思っていた。
ご存知の通り、日本の対応は報復措置ではなかった。
韓国に輸出規制をする事になったのは、半導体の材料が軍事転用可能な物品であり、その管理を韓国側ができていなかった事が原因だという。
そして、それを北朝鮮に横流ししていた疑いまであるという。

なぜ、報復措置だと僕が思っていたかというと、7/7放送のTBS「サンデーモーニング」が一つの原因である。
「サンデーモーニング」では、半導体の材料が軍事転用可能な物質だとも、そのような扱いにデリケートにならなければならない物質の管理を韓国ができていなかったという話も何もしていなかった。

だから、徴用工をめぐる問題で今回の日本の輸出規制は仕方がないと思う一方で、輸出規制などしなくても韓国経済はジリ貧になったはずだし、日本の輸出にも悪影響を及ぼすはずだから、輸出規制をしないという選択肢もあったのではないか?という疑問も持っていた。
そのような僕の考えは完全に間違っていた事を認めなければならない。

「サンデーモーニング」では韓国の疑惑を報じていなかったという事も問題だが、もっと問題だと思うのは、韓国の疑惑についてTBSも知っていたはずだという事だ。

・7/4に萩生田幹事長代行は「(過去輸出した分の)行き先が分からないような事案が見つかっているわけだから、こうしたことに対して措置をとるのは当然だと思う」と発言
・7/5に「「行き先は北朝鮮だ」と断じた与党幹部の話」をフジテレビが報道

「サンデーモーニング」でこの問題を取り上げたのは、上で書いた通り7/7だから、この放送時点では、韓国に対する疑惑は既に持ち上がっていた事になる。
それを無視したばかりか、「日本は世界中から自由貿易を破壊すると非難される可能性がある」とか、「報復の連鎖に繋がる可能性がある」とか、日本の対応もマズイかのように報道していたのだ。

日本の自衛隊にはあれほど神経質になり、安保法制にも大反対の左派マスコミなのに、北朝鮮の軍事的脅威にはなぜこれほど鈍感なのだろうか?
日本の軍事力強化に、これほど慎重なのであれば、北朝鮮の軍事的脅威にももっと目を光らせるべきだ。
毎日新聞の許しがたい報道(特区WG委員原英史さんへの疑惑報道について)」で批判した毎日新聞もそうだが、左派マスコミの事を益々信じられなくなってきている。

こんな事では国民の信頼を失うのは当然だ。
毎日新聞がリストラをするそうだが、そこまで追い込まれてしまった原因をしっかりと考えるべきであろう。

参考:「日本に「怪しい国」認定された韓国 文在寅は「受けて立つ」というが、保守派は猛反発
    「毎日新聞が200人規模の早期退職、役員の呆れた「仕事削減策」に怒る現場
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。