FC2ブログ

記事一覧

実は専業主婦にとっても理不尽な第3号被保険者の仕組み

現行の年金制度では、サラリーマンの妻である専業主婦は年金を支払う必要がない。
この場合、専業主婦は第3号被保険者として位置づけられ、サラリーマンである夫が年金を支払っていれば、年金を払っていない妻も年金を受け取る事ができるのだ。
以前のブログ(「第3号被保険者」)でも書いたが、女性の社会進出を阻害する制度であるし、なにより年金を支払う必要がない事に対して不公平だと不満を持つ人も多いであろう。
最近は女性が優先されていると不満を持つ男性が多いようだから、そのような人は特に不満を抱えているかもしれない。

ちなみにこの事は健康保険でも同じで、奥さんの年収130万円以下であれば奥さんは健康保険料を支払う必要はない。

専業主婦には非常に有利な制度にも見える第3号被保険者という仕組みだが、実は専業主婦にとって(サラリーマンである夫にとっても)不利な面もあり、さらに言えば非常にリスキーな制度でもあるらしい。

まずは、第3号被保険者の資格を失わないためには年収を130万円以下に抑えなければいけないという事だ。
当然パートタイムのような仕事にしか就けないが、この制度を悪用し賃金を不当に安く抑えている業者もおり、その弊害が目立ってきているのだと橘玲さんは説明する。
パートタイム労働者で主婦である女性は不当に賃金を搾取されているのだ。

そして、もっと大きな問題は夫であるサラリーマンが会社を辞め自営業者になったり、離婚した場合に第3号被保険者の資格を専業主婦の女性が失うという事だ。

年金被保険者は以下の3種類に分類される。
・第1号被保険者:自営業者やその配偶者、学生など
・第2号被保険者:会社員や公務員
・第3号被保険者:第2号被保険者に扶養されている配偶者

第3号被保険者は第2号被保険者の配偶者でなければいけないので、離婚はもちろん旦那が会社を辞めても第3号被保険者ではいられなくなるのだ。
この結果、「将来の年金が減額され健康保険証を失うことを考えると、夫は会社を辞められないし妻は夫と別れることができないという理不尽な状況になります。こうして多くの日本人が会社に滅私奉公し、家庭に尽くすしかなくなるのです。」と橘さんは説明する。
日本の会社員はなぜ社畜化してしまうのか?」で終身雇用制度によって労働者は自由を奪われているという事を書いたが、年金制度、健康保険制度によってさらに自由を奪われている。
専業主婦である妻も離婚する自由を奪われており、夫から暴力を振るわれても離婚しない妻がいるのもここに一因があるのかもしれない。

専業主婦が年金、健康保険の支払いをしなくても良いという制度はやっぱり弊害が多い。
このような国民の手足を縛るような制度は、すぐにでも廃止するべきであろう。

参考:橘玲「働き方 2.0 vs 4.0」
    「年金制度の第3号被保険者とは?結婚、離婚、就職、退職したらどうなるの?
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。