FC2ブログ

記事一覧

日本の道路の制限速度は最高でも時速100kmである理由(日本は民主国家とは呼べない国かもしれない)

日本の道路の制限速度は何故最高でも時速100kmなのであろうか?
ドイツのアウトバーンは原則無制限だし、イタリアは130km、韓国では時速160kmの道路が計画中なのだそうだ。

実は日本の道路は諸外国と同じぐらい速く走れる設計になっているのだと原英史さんは言う。
実際、明らかに速度超過な車を頻繁に見かけるし、それらの車の多くは問題なく走行している。
ドイツのアウトバーンでも速度制限がある区間があるらしいのだが、日本で運転するのと同じ感覚で20kmほど制限速度を超えた速度で運転したところ危うく事故になりかけたという話が、昔読んだ海老沢泰久さんという人の本に出てきたのを覚えている。
ドイツの道路は、その速度を超えて走行すると本当に危ないという速度を制限速度として決めているらしい。
なぜ、日本でもそうしないのだろうか?

日本の道路の法定速度は高速道路で時速100km、一般道では時速60kmと決められているが、道路標識で最高速度を指定すれば法定速度よりも速いスピードを制限速度にできるという事が法律で決められているのだと原さんは説明する。
しかも、設計上諸外国と同じぐらいの速度で走れる構造に道路もなっているのだから、制限速度120kmとかの高速道路があっても良いはずだ。

制限速度時速100kmというのは法律ではなく、警察庁が各都道府県警に出している通達が大元になっているのだと原さんは説明する。
「高速道路で設計速度が時速100 km 以上の場合、最高速度を指定しない、つまり標識を作ってはいけない」というのが通達の内容なのだそうだ。
法定速度を超える速度を制限速度として決めたい場合、その制限速度を示す道路標識を設置する必要があるのだが、そのような標識を設置してはいけないというのを警察庁の通達で決めているというのだ。

問題は国民が選んだ国会議員が決めた法律ではなく、役所(この場合は警察)が決めたルールに僕達国民が従わなければいけなくなっている事だ。
原さんによると、このような役所の通達行政は日本では日常茶飯事なのだそうだ。
国民が選んでもいない官僚達がルールを勝手に決める事が許されている日本は、民主主義の国と呼べるのであろうか?

この問題には続きがある。
日本の道路は構造上現在決められている制限速度よりも速く走行できるようになっていると書いたが、制限速度100kmまでしか認められていないのであれば、100kmでしか走れないように道路を作れば良いはずだ。

道路の整備を司どっているのは国交省なのだが、予算を増やしたいという国交省の思惑により時速120kmなどで走れるような道路が作られているというのだ。
設計速度を高くするためには直線距離を長く取らなければならないが、そのためにトンネルを沢山作るような事を国交省はしているのだそうだ。
それもこれも国交省が予算を増やしたいからだ。
こんなバカげた話があるだろうか。

近年、トンネルの老朽化が問題となっている。
どうせ時速100kmでしか走行させる気がないのであれば、トンネルを極力使わない構造に道路を変えてしまえば良いのではないか?
それができないのであれば、道路の構造に合わせた速度が出せるように標識に関する通達を撤廃するべきだ。
僕達の税金が食い物になっている今の状況を変えなければいけない、そう思う。

参考:原英史「「規制」を変えれば電気も足りる」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。