FC2ブログ

記事一覧

農協は農家のために働いていない。

個々の農家が資材を買ったり売ったりする時に、大企業相手だと高い価格で買わなければいけなかったり、安い価格で農作物を売る羽目になったりするので、それを防ぐために共同で売り買いをして農家が損な役目を負う事のないようにする事が農協の本来の役割だと飯田泰之さんが説明している。

ところが、現状では資材をホームセンターで買った方が安いし、逆に売る時は農協に売る方が安くなってしまっているという。
これではなんのための農協か全く分からない。
飯田さんは、農協全体の歴史的使命が失われつつあるのだと主張している。
又、農家のための農協ではなく、農協のための農家になっているとも言っている。

又、以前のブログ(「JAは農業協同組合とは呼べない」)で書いたのと同じ事を飯田さんも言っていて、農協の会員の約7割が準会員という農業をやっていない人だと言っている。
これも同じブログで書いたが、農協の主たる収入源は農家以外へのお金の貸し出しだという。

そんな農協が、税制面で優遇されていると飯田さんは言っている。
既に農業協同組合とは言えないような組織なのに、なぜ税制面で優遇されなければいけないのか全く分からない。

そんなこんなで農協は非常にもうけているようである。
東京大手町に超高層ビルを構えているようだし、役員などは多額の収入があるようだ。

以前、Yahoo知恵袋でこの事について質問した事があるのだが(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14201390299)、その時教えていただいた話だと、役員の報酬は1億円を超えるのではないか?との事だった。

一体何のための農協なのか?
自分達がおいしい思いをするだけの存在なのではないか?
そんな疑問を感じるのは僕だけではないはずだ。

参考:【農協改革】 JAはもう死んでいる 【飯田泰之】
    八代尚宏「脱ポピュリズム国家」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。