FC2ブログ

記事一覧

食糧自給率が低い事は問題か?

半世紀近く生きてきているが、食べ物に困るような事態を実感として感じた事が一度も無い。

1961~2009年で世界の人口が2.3倍になっているのに対して、食肉の生産量は4倍に増えたのだという。
70年代前半よりも前の時代の事については記憶にないが、僕が子供の頃でも食べ物に困っているような人は周りにいなかったように思う。
そして、食糧は益々過剰になってきている事が上のデータからはうかがえる。

たしかに、これからも地球の人口は増えるかもしれないが、世界で最も人口の多いアジアで出生率が下がっているというデータもある。
これからの人口の増加率は、今までよりも緩やかなものになるかもしれない。
異常気象などで食糧不足が起きる可能性もあるかもしれないが、近年の傾向から考えると世界的な食糧不足が発生する可能性は低いと思う。

TPPなどで貿易を自由化すると日本の農業がダメージを受け、食糧自給率が下がり、世界的な食糧不足が発生した時に日本人は飢えてしまうという主張がある。
のんきだと言われればそれまでだが、僕達が生きているうちにそんな時代が来るとは僕には想像もできない。

そんな時代が遠い未来まで来ないのであれば、貿易自由化により食糧自給率が下がるのが本当だとしても、貿易自由化によってお金を稼ぎ、そのお金で食糧を輸入する事を推進した方が日本のためなのではないか、僕はそう思っている。

参考:川島博之「「作りすぎ」が日本の農業をダメにする」
   アジア諸国の合計特殊出生率
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。