FC2ブログ

記事一覧

公共放送はもう要らない

最初に断っておくと、NHKの報道を偏向報道などと批判するつもりはない。
報道は誰がやろうと偏りは出るものだと思っているし、そもそもNHKのニュースについて批判できるほど僕はNHKを見ていない。

本題に入るがNHKはメチャクチャ儲けているそうである。
総資産は1兆1162億円(単体)もあるそうである。
又、その資産を次世代の放送に向けて投資しているのなら良いが、証券投資に5221億円も使っていると上念司さんは批判している。

又、「平成29年度中間決済に書かれている職員の給与総額は、559億円、単純にこの数字を職員数10303人で割ると、一人当たり542万円、中間決済なのでこれを6ヶ月分とすると、年収は1085万円になる。」と上念さんは説明している。
自由な競争で儲けたお金で高給を得るのであれば文句はないが、僕達国民から半強制的に受信料を徴収し、それで高給を得ているのは納得がいかない。

高橋洋一さんは「NHKを公共放送NHKと民間放送NHKに分割するのが一番すっきりする。公共放送NHKは受信料制度によって社会的使命を果たすことができ、偏向と批判されるようなものは民間放送NHKで放送し、民間放送と競争すればいい。」と主張しているようである。

僕だったら、もう一歩踏み込んで完全に民営化すれば良いと主張したい。
たしかに戦後まもなくの頃の情報インフラが整っていなかった頃であればNHKのような公共放送も必要だったであろう。
災害についての情報などはできるだけ国民全員に知らせるような仕組みが必要であり、そのためにも公共放送が必要だったと考えられるからだ。
しかし、今は災害情報などについても、民放でも詳しく報道するし、それ以外にもネットからでも情報を得る事ができる。

NHKを公共放送として残しておく必然性は無くなったのではないか?
そうなのであれば、NHKが必要かは僕達国民一人一人が判断し、必要だと思う人だけ受信料を払えば良いのではないか?
NHKも民営化し、民放やネットと公平な競争をするべきだと僕は思う。

参考:上念司「日本を滅ぼす岩盤規制」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。