FC2ブログ

記事一覧

高速道路料金について

個人的には高速道路無料化は反対である。
よく言われている意見かもしれないが、費用は利用者が負担するべきだと思うからだ。

又、高速道路無料化は「鉄道やバスから自家用車へのシフトが生じることで混雑という別の形の負担を高速道路利用者にも強いる事になる。 高速道路の料金という価格は、一定の供給量の下での需要を調整する重要な機能を持つ」と八代尚宏さんは言う。
この理由も納得できる。

しかし、高速道路料金が有料でも現状の日本では非常に効率の悪いものになっているようだ。

原英史さんは日本の高速道路について以下のように説明している。
(1)日本の道路行政では、道路は無料で提供されるべきだと考えられている。
(2)例外的な特別措置として設けられたのが、 道路整備特別措置法。
 道路整備で国が借り入れたお金を返済するため、返済が終わるまでの間だけは利用者から料金を取る。
(3)(2)の例外措置はいつまで経ってもなくなっていない現状がある。
 例えば、東京と千葉を結ぶ京葉道路は1990年に無料開放されているはずだったが、延長が重ねられ無料になるのは2050年が予定されている。
(4)(3)になった原因は、京葉道路などドル箱路線での収入が、東京湾アクアラインや 全国の高速道路網建設の巨額の費用のために使われているため。
(5)有力政治家の地元に利益誘導でほとんど車の走らない道路がどんどん作られ、役所にとっても旧道路公団は天下り先として確保されてきた。

最初に書いたように高速道路が有料なのは個人的には全然かまわない。
しかし、そこで得た収入を政治家や役人の不当な利益のために使われるのは勘弁してほしい。

参考:八代尚宏「脱ポピュリズム国家」
    原英史「「岩盤規制」を打ち破れ!日本人を縛りつける役人の掟」
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。