FC2ブログ

記事一覧

消費税の無駄遣い(国に預けるお金は少ない方が良い)

1989年に導入された消費税が無駄遣いされた事例のいくつかをマネーポストWEBが取り上げている記事を見つけた。引退したが多くの資産を持つ高齢者からも税金を取る仕組みである消費税を、他の所得税、法人税などと比較して特に悪い税金だと僕は思わない。ただ、これだけ税金が無駄に使われてきた事を考えると、財政自体が小さい「小さな政府」を目指す方が良いのではないか?以下にマネーポストWEBに書いてあった事例について記述す...

続きを読む

派遣社員の手足を縛る派遣労働規制(終身雇用をなくさなければ根本的解決はない)

2010年2月厚生労働省から特定の派遣社員達に対して、「どんなに電話が鳴っていても出てはいけない」「人が出払っている時にお客様がいらしてもお茶汲みをしないように」という通達が出されたのだと原英史さんは本に書いている。このような、よく分からない規制強化の目的について原さんは以下のように推測している。---以下引用「企業がお茶くみなどの一般事務のため長期で人員確保したいなら本来正社員として雇うべき。だが、実際...

続きを読む

韓国文在寅政権支持率の実際

文在寅政権の支持率が右肩下がりで下がっている。就任時は84%でスタートしたが、 現在はほぼ半減して支持・不支持が拮抗している。武藤正敏さんによると、韓国では世論調査に協力するのは政権支持側で、支持率が多く出る傾向にあると言うから、実際の支持率は現在の40%台よりももっと低いのかもしれない。その中身についても、武藤さんは本の中に書いている。経済、雇用、政府人事はいずれも肯定が20%台しかないのだという。「正規...

続きを読む

韓国に負けるな日本のIR

2017年4月に韓国の仁川(インチョン)国際空港から車で3分、歩いても15分のところに「パラダイスシティ」というIRができたのだという。ここにできたIRも、色々な施設が入っているようで、MICE施設や複数のホテル、カジノ、アートギャラリー、大型スパとプール、ショッピングモール、東アジア最大規模のディスコホールクラブ、キッズ向けのエンターテイメント施設が集まっているのだそうだ。これだけ色々入っていたら、カジノ目当て...

続きを読む

波取り記者(取材もしないでロビー活動だけをする記者がいる)

以前のブログ(「電波オークションが導入されていないのは日本だけ」)の中で、OECD加盟国で電波オークションが導入されていないのは日本だけと書いたが、高橋洋一さんによると、2007年竹中平蔵さんの下で高橋さん自身が電波オークションをやろうとしていたのだという。また、その時には NHK も民営化しようという計画もあったのだそうだ。当時は特に NHK が猛烈に反対したこともあり、散々叩かれた挙句小泉首相も諦めてしまったよ...

続きを読む

09/23のツイートまとめ

shizuokanochapp 【3回裏】マリーンズ・クルーズの必殺技!! 美しすぎる「逆シングルグラブトス」 2015/10/10 CS 1st F-M | プロ野球速報・ライブ中継 パーソル パ・リーグTV https://t.co/edU3ba9386 @PacificleagueTVさんから 09-23 20:48...

続きを読む

信じられないぐらい時代から遅れている銀行

慣れとは恐ろしいものである。少し遅い時間に銀行に振り込みをする時、 「翌営業日扱いになります」というメッセージが ATM に表示されている事を特に気にもしていなかった。僕がしていた振り込みは借金の返済などではなかったので、それほど気にする必要はなかったかもしれないが、 中小企業の経営者など不渡りを出すことになったりしないか、時間を気にして返済金を集めなければいけないと焦るような事もあったのではないか?平...

続きを読む

確率やトレードオフで世の中は考えるべき

マスコミというのは低い確率でしか起こらないような事で騒ぐのが好きなようである。例えば、高橋洋一さんは財政破綻の確率について、数式で計算できると説明している。どう計算しているか分からないが、5年以内に財政破綻する確率は1%もないと高橋さんは言っている。それだったら、南海トラフ地震が30年で70%の確率で起こるのだから、そっちを優先するべきではないか?と疑問を呈している(この事は今後5年でだいたい1割くらいの確...

続きを読む

文在寅韓国大統領のウソ(文政権は漢江の奇跡まで歴史から抹殺しようとしている)

徴用工問題に関して文在寅大当郎は、「韓国は三権分立であり司法の判断を尊重する」と繰り返し司法の独立性を尊重しているかのように振舞っていた。あまりにも稚拙な言い訳である。というのも、徴用工判決を下した大法院(最高裁)の裁判官を文大統領本人が選んでいるからだ。武藤正敏さんは「憲法裁判所、大法院(最高裁)はすでに文在寅政権の任命した裁判官が多数派を占めているばかりか、「朴槿恵政権の意向で徴用工の訴訟遅ら...

続きを読む

バカバカしすぎる日本の農政(転作補助金を止めればコメは安くなる)

自由な競争があればコメ農家がコメの価格をコントロールすることなどできず、コメの価格はもっと安くなるということを山下一仁さんは説明している。日本には200万のコメ農家がいることから、平均的に考えれば一戸の農家から供給されるコメの量は市場全体の200万分の1しかない事を意味する。そのような現状では、どんなに大規模な農家でも市場全体に占めるシェアが非常に小さいため、その農家がコメの供給量減らし、価格を上げよう...

続きを読む

脱原発への疑問

以前のブログ(「ホルムズ海峡の事件に対する立憲民主党の無責任な反応」)でホルムズ海峡で日本タンカーが攻撃を受けたことに対する立憲民主党の反応が、あまりに無責任ではないか?という話を書いた。その後、有志連合への参加はイランとの関係を悪くする懸念があるという意見も聞いたが、だからといって対策を何もしないのはマズいと思う。報道等でも日本に入ってくる石油の80%はホルムズ海峡を通るという話を聞く。ホルムズ海...

続きを読む

自分達の役割を果たしていない銀行

日銀の大胆な金融緩和が原因で国債の短期金利と長期金利の金利差が縮小、銀行などは資金を短期で調達して長期で運用するという事を熱心にやっているようで、その事によるもうけが少なくなり経営が厳しくなっているという。又、2016年2月日銀はマイナス金利を導入した。マイナス金利がなんなのかよく分かっていなかったのだが・・・「民間の銀行が日銀に預けている日銀当座預金の一定額に対して、金利をマイナスにすることで預金し...

続きを読む

非常に魅力的になりそうな北海道のIR

以前のブログ(「大阪のIR誘致の動きには地元への強い危機感がある」)を読み、大阪のIRに強い期待を抱いてしまった方には申し訳ないが・・・都会より北海道の大自然が好きな僕は北海道にできるかもしれないIRの方により強い魅力を感じている。大阪と同様、北海道でも人口と製造業などの落ち込みがあり、その事に危機感を持っている事がIR誘致の動きにつながっているようだ。北海道のIR候補の一つである苫小牧市は2013年からの5年...

続きを読む

世の中の変化から遅れる日本(それでも日本は変えられる)

昔読んだ堺屋太一さんの本に、19世紀頃のイギリスとドイツの関係について書いてあった事を覚えている。産業革命で工業化が進んだイギリスに対して、依然として農業国だったドイツ。当時、各国の生産額や国家間の貿易額は工業製品よりも農作物の方が圧倒的に多く、その事も原因でドイツからイギリスへの輸出額は、その逆よりも圧倒的に多かった、そんな話だったと記憶している。現代から見ると、産業革命でのちの繁栄が約束されたよ...

続きを読む

電波に対する需要は飛躍的に増大する(電波の有効活用で後れを取っている日本)

原英史さんによると、第四次産業革命に伴い今後は電波に対する需要が飛躍的に増大するという。これまで、情報の受け手が人だったのが、機械と機械の間の通信にまで電波利用が広がっていくと考えられると原さんは説明している。データセンターとロボットの間、自動車と自動車の間、IT機能を搭載した家電などで電波が利用されると見込まれており、機械の数は人間よりはるかに多いから、それを考ると電波に対する需要は大幅に増えるの...

続きを読む

高プロ制度に対するマスコミの的外れな批判

高度プロフェッショナル制度(高プロ制度)に対して、「残業代ゼロ法案」、「過労死促進法案」などと呼んで朝日、毎日が批判をしていた。高橋洋一さん、橘玲さんが言っている事を読んで、左派マスコミの主張が的外れである事が理解できたので、その話を書きたい。高橋さんによると高プロの対象者は以下のような要件を満たさなければいけないという。・平均年収の3倍の年収(年収1千万円程度)がある事。この条件は法律によって決め...

続きを読む

安倍政権の既得権益者との闘い

文科省は大学に多額の交付金、補助金を配る事で大学を抑えているという話を門田隆将さんはしている。東大には800億円もの交付金を出すことの見返りに、大学の事務局長に職員を出向させたり、天下りを受け入れさせたりしているという。この事は私立大学も同じようで、色々な補助金をチラつかせて天下りをしていると高橋洋一さんは説明する。この構造にメスを入れようとしたのが、第一次安倍政権だったと高橋さんは説明する。大学の...

続きを読む

弱者のためにならなかった消費者金融規制(安易な弱者救済は弱者をさらに苦しめる)

橘玲さんによると「高利貸しが多重債務者問題を引き起こし、それが年間3万人を超える自殺者を生む」という主張から、上限金利の引き下げと総量規制が行われたという(改正貸金業法)。総量規制の内容は「1社で50万円、または他社と合わせて100万円を超える貸付けを行なう場合には、年収の3分の1を超える貸付けを原則として禁止する」というもので、橘さんによると先進国でこのような規制を行っている国はないとの事だ。「イギリス...

続きを読む

IRのもうけを出す仕組み

IR(統合型リゾート)とは、そもそも何なのかという話を渋谷和宏さんの説明を元に書きたい。日本ではIR=カジノというイメージが強いと思うのだが、その認識は正しくないようである。まず、IRにはMICE(マイス)と呼ばれるビジネスで使用する施設があるそうである。企業などの会議(Meeting)、報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際機関や国内団体、学会などが行う会議(Convention)展示会・見本市やイベント(Exhivition/Eve...

続きを読む

共産主義の失敗(大幅な最低賃金引き上げは共産主義と同じ失敗をもたらす)

池上彰さんが社会主義、共産主義の失敗について沢山の事例を書いている。例えば、旧ソ連について「社会主義、計画経済 というスタイルを取」り、それが大失敗したという話を書いている。「資本主義では、それぞれの企業が勝手に金儲けをやるので、その結果、不況なる。だから、きちんとしたエリートが、しっかりとした経済計画をたてれば無駄は無くなるだろうと考えた。」のだと池上さんは説明する。では実際には、何が起きたのか...

続きを読む

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。