FC2ブログ

記事一覧

戦後の米国は西側諸国と共に経済を成長させた

第二次世界大戦後の世界で米国は唯一と呼べる経済大国だったようだ。日独伊は戦争に負け、他のヨーロッパは勝利したとはいえ戦場になったから大きなダメージを受けた。旧ソ連や中国も戦場になった。米国は戦争に勝ったうえに国土が戦場にならなかったのだから唯一の勝者となったと言って良いだろう。そんな米国は戦後何をしたのか?ヨーロッパ復興のためにマーシャルプランという計画を立て、ヨーロッパを経済的に支援した。日本に...

続きを読む

通貨安競争は起きない(トランプ政権の通貨安誘導国対策について)

トランプ政権が通貨安誘導国に高い関税をかける事を検討しているらしい。自国の通貨を安くして輸出を有利にするような国が出てくる事を防止する狙いがあるらしい。では、輸出を有利にする事を目的に自国通貨の切り下げをする国が出てくるのであろうか?又、それがエスカレートして今後通貨安競争が起きるような事があるのであろうか?原田泰さん、上念司さんが同じ理由で通貨安競争の可能性を否定している。各国が過度な通貨安競争...

続きを読む

誰にでもきっとチャンスはある(格差を妬む前に考えるべきこと)

今、ユダヤ人への差別がどれぐらい残っているのか分からないが、少なくとも第二次大戦以前のキリスト教世界では大変な差別があったようである。だから、当時のユダヤ人はまともな仕事に就くことができず、キリスト教社会では卑しい商売だと思われていた金融業の仕事をするしかなかった。ユダヤ人たちは金融業を一生懸命やり、その結果キリスト教信者に嫉妬されるほど成功する事ができた。僕自身もそうなので人の事は言えないが・・...

続きを読む

現代は幸せな時代

橘玲さんが「私たちは人類史上もっとも幸福な時代に生きている」という事を言っている。全くその通りだと思う。橘さんは「人類はその長い歴史において、ずっと食糧不足と栄養失調に悩まされていましたが、いまやアメリカでは肥満、すなわち食糧の過剰摂取が大きな社会問題になっています。」という事を言っているが、僕が現代を凄い時代と思うのはホームレスの人達でさえ食べ物を確保できるという事だ。実際の事はよく知らないが、...

続きを読む

農業問題の本質

以前のブログ(「食糧自給率が低い事は問題か?」)で川島博之「「作りすぎ」が日本の農業をダメにする」という本を参考に記事を書いたが、橘玲さんが同じ本を読んだ書評を書いている。この本の内容について、僕も忘れている事もあるので今回は橘さんの書評を元に記事を書きたい。上記記事でも書いたが、人口爆発と言われる人口の急増はあるが、それ以上に食料の生産量が増えている。そのお陰で世界中で食糧が余っており、その事が...

続きを読む

日本の事を一番バカにする人達が日本の発展を妨げる

2011年の記事になるが橘玲さんがTPPについて書いた記事を見つけた。この記事の中で橘さんは「あらゆる国ですべての関税を一斉に撤廃するのがもっとも理想的」と書いている。その説明として以下のような事を書いている。---以下引用関税をかけることが常に有利であれば、(たとえば)静岡県は、県内のみかん業者を保護するために和歌山県産のみかんに高率の関税を課すべきです。(略)日本でも江戸時代までは関所で商品の流通を管理...

続きを読む

それでもきっと日本人の未来は明るい

当ブログでは、今の日本について様々な批判をしてきたが、それでも日本人の未来はきっと明るいと思う。例えば、橘玲さんは終身雇用などの日本型雇用慣行を問題だらけで遅れた制度だと批判しているが、遅れているという事は幸運な事だとも言っている。日本型雇用慣行にも問題はあるが、欧米型雇用制度にも様々な問題が発生しており、それを見ながら良い部分をまねて悪い部分は修正して導入すれば良いという主張のようだ。思えば、明...

続きを読む

北欧福祉国家に対する日本人の誤解

北欧と言えば福祉国家であり、競争や新自由主義とは無縁というイメージを持つ人が多いだろう。北欧諸国が高福祉国家である事は間違いではないようだが、その一方で自由で激しい競争を取り入れてもいるようだ。スウェーデンでは医師しかできなかった処置を看護婦にもできるように、看護師のやっていた事の一部はヘルパーでもできるように規制緩和をしたと上念司さんは説明する。その結果、「ほんの少し医療的介護をすれば普通に暮ら...

続きを読む

毎日新聞の許しがたい報道(特区WG委員原英史さんへの疑惑報道について)

当ブログでも何度も登場している原英史さんは、内閣府の国家戦略特区WG(ワーキンググループ)の座長代理を務めている。実際に記事を読んではいないが、その原さんの事を毎日新聞が連日のように報道しているらしい。戦略特区で規制緩和された地区のビジネスへの参入にかかわっている(と思われる)特区ビズ社という会社から、指導料として200万円を原さんが受け取ったという内容らしい。原さん自身も否定しているが、原さんと同じW...

続きを読む

僕は韓国の繁栄を心から願っている(隣の人が豊かになれば自分も豊かになれる)

徴用工の問題などでイチャモンを付けてくる今の状態の韓国が繁栄するのは困るが、基本的には韓国には繁栄して欲しいと僕は願っている。もっとも、徴用工問題を起こす今の韓国では繁栄は相当難しいであろうが(「韓国の新日鉄住金資産が売却される?」、「日韓FTAに対する賛成意見がTPP反対派から出ない事の不思議さ」参照)。僕が韓国の繁栄を願うのは、隣国が豊かになればその恩恵を日本も受ける事ができると考えるからだ。例えば...

続きを読む

農協の役割は終わりつつある?(農家のメインバンクが地方銀行に変わってきている)

農地法という法律があって、農地の権利移動、転用には制限があるようである。この法律があるので、都道府県知事や農業委員会の許可が下りない限り農協以外の一般人が農地を取得する事ができないと山下一仁さんは説明する。対して農協は役員が農業委員会のメンバーになっているので、簡単に農業委員会の許可を得て農地を取得、転用ができるのだという。一般人が農地を取得する事が難しいという事は、一般の銀行が農家にお金を貸す時...

続きを読む

隣の人が豊かになれば、自分も豊かになれる

5/20に日本のGDP成長率の速報値が発表された。年率換算2.1%とまあまあ良い数字に見えるが、内需もマイナス、輸出もマイナスという喜んではいられない状況のようだ。その事の一因になるのが米中貿易戦争などによる中国経済の減速と言われている。このような事は珍しい事ではない。昔は「アメリカがくしゃみをすると、日本は風邪をひく」などと言われたように記憶している。リーマンショックの時は、リーマンショックの震源地である...

続きを読む

食料自給率にこだわる事のおかしさ

食料自給率が大事だという主張がある。又、そのためにも農業を保護するべきだという主張も多い。このような考え方に僕は賛同できない。このような主張をするような人は食料自給率を何%にするべきだと考えているのだろうか?恐らくだが100%が理想だと考えているのだと思う。そして、食料自給率が100%なのであれば、有事の際でも日本人が飢えに苦しまなくても良いと考えているのであろう。本当にそうだろうか?言うまでもないが、農...

続きを読む

医療をサービスとして提供されるような仕組みを作ろう

もう、ずいぶんと前になるがペットと一緒に入院できるような病院があっても良いのではないか?その他、入院患者が楽しく快適に過ごす事ができるような仕組みが必要なのではないか?という話を堺屋太一さんがしていたと記憶している。話は変わるが、高齢化が進展する中で、重症患者などへの治療よりも、高齢者などがリハビリをするための回復期病床が多く必要になるという指摘を上念司さんがしている。重症患者では入院生活を楽しむ...

続きを読む

農協は農家のために働いていない。

個々の農家が資材を買ったり売ったりする時に、大企業相手だと高い価格で買わなければいけなかったり、安い価格で農作物を売る羽目になったりするので、それを防ぐために共同で売り買いをして農家が損な役目を負う事のないようにする事が農協の本来の役割だと飯田泰之さんが説明している。ところが、現状では資材をホームセンターで買った方が安いし、逆に売る時は農協に売る方が安くなってしまっているという。これではなんのため...

続きを読む

日本の会社員はなぜ社畜化してしまうのか?

橘玲さんが日本のサラリーマンの本質を社畜と表現している。そして、終身雇用は労働者を保護する制度と思われているが、労働者を奴隷化する制度だとも言っている。日本の裁判所は従業員の解雇については極めて厳しい判断をして、会社を罰するが、その一方で、従業員が不当な異動や転勤を訴えてもほとんど却下されると橘さんは説明する。又、よく知られている話だがサービス残業も横行していて、サービス残業は対価を受けられずに働...

続きを読む

行政の適切な役割(事前規制型から事後チェック型への転換)

原英史さんは内閣府規制改革推進会議の委員をしていて、事前規制型から事後チェック型へ行政の役割の転換を目指しているという。例えば新規参入も行政の許可がなければできないなど、いちいち役所にお伺いを立てなければならない仕組みが事前規制型だ。対して、事後チェック型は新規参入については自由化するが、その代わりに行政が公正なルールを作り、不適格事業者の事後チェックをする。原さんらは事後チェック型に行政の役割を...

続きを読む

報道の自由を守るためにも電波の開放を

先日ラジオを聞いていたら、ナチスがやった焚書の話をしていた。不勉強のため、この話をよく知らなかったのだが、ナチスの考えに合わない思想が焼き払われたのだという。表現の自由を奪うとんでもない事だと思う。でも、よく考えると現代のテレビも似たところがあるのではないか?テレビも含む電波についてオークションで割り当てるという事が20年も前から議論されているらしい。それが今年の国会でも挙げられいるらしいのだが、放...

続きを読む

格差是正は終身雇用、年金よりも生活保護で

以前のブログ記事で年代別に見ると格差は必ずしも大きくなってはいない(「「小泉構造改革が格差を拡大した」は本当か?」参照)という話を書いた。又、別の記事(「格差を許容する社会」)では格差を許容する社会を訴えた。では、格差を放置しても良いかというと、格差を問題だとは思わないが貧困があるのであれば、それは改善しなければいけないと思っている。日本は諸外国に比べて格差の小さな国だと言われることがある。実際、...

続きを読む

産業内貿易をもっと増やそう(イギリス向けリンゴの輸出で見えてくるもの)

日本のリンゴがイギリスでは評価されなかった時代があったという事を山下一仁さんが言っている。日本では主に大玉のリンゴを作っているのだが、イギリスではこの大玉のリンゴが評価されなかったというのだ。日本では大玉リンゴの方がウケるらしいのだが、イギリスでは弁当の中にリンゴを持っていくことが多く、小さい方が都合が良いという事情があるようで日本の大玉リンゴはウケないというのだ。どうしてイギリスで日本のリンゴの...

続きを読む

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。