FC2ブログ

記事一覧

戦争をするのはやっぱり損である(戦争を抑止するためにもグローバル化を)

最近は景気が良いせいか見なくなったが、景気の悪い頃は失業をなくすために戦争が有効なのではないか?そんな意見をネットで目にする事があった。この事は、どれぐらい本当なのだろうか?上念司さんがポール・ポーストという人の「戦争の経済学」という本の事を紹介しているのだが、戦争が経済にプラスになる場合の鉄則というのを紹介している。その中に書かれている鉄則の一つが、失業率が高い時ほど戦争の経済効果があるという事...

続きを読む

現在有利な産業は30年後には有利な産業ではなくなっている。

亡くなった堺屋太一さんが有利な産業は30年後には有利な産業ではなくなっているという話をしていた事を記憶している。有利な産業には新規参入が相次ぎ競争が激しくなるため、30年有利な産業であり続けることはできない、そんな話だったと思う。今では信じられない話だが戦後まもなくの頃は石炭産業が強く、東大など優秀な学校の卒業生の多くが石炭産業に就職したのだという。その後も、化学繊維、鉄鋼、造船などが有利な時代があっ...

続きを読む

終身雇用は絵に描いた餅(解雇の金銭解決ルールの明確化を)

トヨタの社長が「終身雇用の維持が難しくなっている」事が波紋を呼んでいる。当ブログでは以前から主張しているが、終身雇用は弊害が多く、解雇をしやすくする事が必要なのではないか?これも以前から紹介しているが橘玲さんも日本的労働慣行を止める事を主張しているが、橘さんと八代尚宏さんがこの事について同じ事を主張していて、解雇する場合にルールを決めて金銭を補償するべきだと言っている。では、現在はどうなっているか...

続きを読む

消費増税に関する大きな疑問

上念司さんの説明によると日本政府は莫大な借金を持っているが、資産も同じぐらい持っているので日本の財政は健全なのだという。この事はIMFも認めていて、「IMF Fiscal Monitor,October 2018 Managing Public Welth」というレポートによれば、資産から負債を差し引いた純資産で見た場合日本の債務はゼロなのだという。僕の知識ではこの資料に何が書いてあるのか全く分からなかったので、上念さんの主張がどの程度正しいのかは分か...

続きを読む

電波オークションが導入されていないのは日本だけ(菅官房長官が携帯料金が高すぎると言った意味)

日本では電波オークションが導入されていないがOECD加盟国で電波オークションが導入されていないのは日本だけなのだという。それどころか、インド、タイ、ブラジルなど先進国以外の国でも電波オークションが導入されているらしい。なぜ、日本だけが導入できないのだろうか?以前のブログ(「テレビ放送に対する規制(電波オークション)」)でテレビ業界が反対しているという事を書いたが、携帯電話事業者なども反対してきた歴史が...

続きを読む

株式会社の農業進出を阻み日本農業をダメにする規制

株式会社が農業に進出しようとすると様々な規制によって阻まれると山下一仁さんは指摘する。役員の半分以上は常時農業に従事しなければならないし、株主総会での決議に参加して票を入れることができる権利である議決権も半分以上は農業関係者でなければいけないという。一般的に1単元株に対して1つの議決権があるらしいので、株式の半分以上を農業関係者が持たなければならない事になる。例えば、農業と関係のない友人や親戚などか...

続きを読む

日本人の労働時間が長いわけ(長時間労働によって出世するかが決まる)

タイトルと異なる事を言うようだが、2015年のデータを見ると日本の労働時間は米国より少ないようだ。ただし、このデータは非正規労働者も含めたものであり、正規社員が多いと思われる15~64歳男性だけ見ると日本の労働時間は世界でもっとも長いのだそうだ。相変わらず、日本人の労働時間は長いと考えて良いであろう。話は変わるが、日本では女性管理職の割合が低い。米国企業では43%が、フランスでは39%、イギリスでは34%の管理職...

続きを読む

大学にももっと競争を(文科省は地方私大の経営を守るための保護主義に走ろうとしている)

東京23区内にある私立大学の定員増を2018年度から原則認めないとする告示を文科省が出したのだそうである。地方大学では定員割れの所も多いために、それらの大学の経営を守るための保護主義だと八代尚宏さんは指摘する。加計学園問題でもそうだが(「加計学園と大学の数」、「加計問題にこだわった野党とマスコミの愚かさ」も参照して欲しい)、文科省は競争を抑制し、既存の大学等を守る事に必死だ。天下り等なんらかの利権がある...

続きを読む

行政は肥大化する(増税で増えた税収は利権のために使われる)

上念司さんが「行政は肥大化する。財務省は増税マシンだ。」という事を言っている。そして、「太平洋戦争のときに天皇陛下を巻き込まなければ終わらなかった事と同じだ。」とも言っている。民間企業であれば、利益が少なくなれば無駄を削らなければならない。この事が肥大化を抑止するが、行政にはそのような仕組みがないので、誰かが無理やりにでも止めなければ肥大化は止まらない。だから増税も止まらない、そういう事のようだ。...

続きを読む

第3号被保険者

日本の制度は時代の変化についていけてないと改めて感じる事の一つに第3号被保険者の事がある。サラリーマンの妻は基礎年金の第3号被保険者という区分に属する事になっており、夫が保険料を払っていれば自分が払わなくとも年金を受け取る事ができる。世帯主である夫がまとめて払っているという事になっているが、妻が専業主婦であろうと働いていようと世帯主の保険料負担額は同一なのだと八代尚宏さんは指摘する。妻が働いている...

続きを読む

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。