FC2ブログ

記事一覧

高速道路料金について

個人的には高速道路無料化は反対である。よく言われている意見かもしれないが、費用は利用者が負担するべきだと思うからだ。又、高速道路無料化は「鉄道やバスから自家用車へのシフトが生じることで混雑という別の形の負担を高速道路利用者にも強いる事になる。 高速道路の料金という価格は、一定の供給量の下での需要を調整する重要な機能を持つ」と八代尚宏さんは言う。この理由も納得できる。しかし、高速道路料金が有料でも現...

続きを読む

地方議会は廃止した方が良い?

地方議会では議員のなり手不足が深刻な状況になっているらしい。この状況に対して大前研一さんは「そもそも地方議会は必要なのか?」と疑問を呈している。そもそも、地方議会にはほとんど権限が与えられていないし、国が決めた法律に従うしかない。これでは何のための議会か確かに分からない。一方で大前さんは道州制を提唱、道州に立法権を与えるべきというような主張をしている。そうすれば、「各地方が中央集権のくびきから脱し...

続きを読む

為替操作に対するトランプ大統領の批判

以前にも批判的に書いたが、トランプ大統領は国際収支にこだわる人のようである(「貿易収支にこだわるのは20世紀的発想?」)。その結果、米国経済がどん底に落ち込んでいるという話であればトランプ氏の気持ちも分かるが、全世界で景気が後退しているなか米国は比較的好調のようである。国際収支にこだわらなければならない理由が僕には分からない。少し前の話だが、「中国は為替操作国で不当に人民元を安くしている」という批判...

続きを読む

三橋貴明氏の円高主張

経済の事が分かっていると胸を張って言えない僕が批判をしても説得力がないかもしれないが・・・何度か三橋貴明氏のブログを読んだ事があるが、「○○は経済の事が分かっていない」、「△△は売国奴だ」というような言い方で誰かを批判するのが好きな人のようである。では、三橋氏は経済の事がよく分かっている人なのだろうか?疑問に感じるのは、彼が円高を主張していた記事を見つけたからである。https://ameblo.jp/takaakimitsuhash...

続きを読む

アベノミクスへの評価

昨年暮れごろから盛んに言われ始めた印象があるが、安倍政権で実質賃金が下がっているという批判がある。このような批判は実は前からあって、2015年に出版された若田部昌澄「ネオアベノミクスの論点」という本にも「アベノミクスで実質賃金が下がっているという批判がある。」という話が書いてある。このような批判に対して若田部さんは以下のような説明をしている。---以下概要いわゆる団塊世代の高賃金層が定年を迎えごっそりと...

続きを読む

日本では大規模農業ができないは本当か?

日本は国土が狭いだけではなく、山が多く平野が少ないため大規模農業はできない、それゆえにTPPなどの貿易自由化で日本の農業は負けてしまうという意見を聞いた事がある。山が多く平野が少ないため大規模農業はできないというのは本当だろうか?山下一仁さんによると、農業では季節による農繁期と農閑期の差が大きいため、労働力の通年平準化が元々難しいのだそうだ。ところが、標高差の大きい日本の地形を逆手にとって農繁期と農...

続きを読む

白タク規制緩和へ?

「オリンピック効果」でタクシー相乗りの話を書いたが、政府は白タク営業の規制緩和を進めたい考えがあるようだ。背景にはタクシー運転手がピーク時の4分の3程度まで減った事などがあるという。以前から書いているが、この規制緩和に僕は賛成したいと思う。私事だが僕の親は目の病気にかかっていて、たまに病院に行っている。先日、病院で目薬をささなければならなかったらしいのだが、その目薬を使ってから2時間運転ができないと...

続きを読む

韓国の新日鉄住金資産が売却される?

新日鉄住金を相手取った訴訟の原告側弁護士が、差し押さえた同社の資産の売却命令を裁判所に申請すると表明したという。バカな事をするものだと思わずにはいられない。日本人一般の韓国に対するイメージの悪化はもちろんだが、自分達の資産が取り上げられる事を嫌う外国企業が韓国から撤退するような動きが広がるのではないかと思うからだ。そうなったら、外資系企業で働いている韓国人の職も奪われるはずだ。韓国政府、裁判所など...

続きを読む

自分の利益、楽しみのために生きるという事

日本の歴史には「義の人」と呼ばれる人が何人かいたようである。主君に忠義を尽くした人がそう呼ばれる事が多いかもしれない。こういう人が好きな人は沢山いるだろうが、僕は「義の人」を好きにはなれない。第一に「義」に生きる事が周りにいる人を幸せにするか疑問に感じているという事がある。例えば、主君に忠義を尽くす事は自分にとっては良いかもしれないが、それで家が潰れてしまったら家族も家臣も路頭に迷うか、最悪の場合...

続きを読む

無駄な医療費

塚崎公義さんは医療費高騰の理由について「高齢化の進展の他に、医療技術の進歩による高額医療の増加も一因」と説明している。この説明はきっと正しいのだろうが、無駄な医療費も大きいと指摘するのが上念司さんだ。・OECD平均と比べて日本国民一人当たりの外来受診回数は約2倍、平均在院日数も約2倍、入院ベッド数は約3倍。・人口100万人当たりの MRI設置台数がOECD平均14台に対して3倍以上の51台、CTはOECD平均26台のところをな...

続きを読む

オリンピック効果

いよいよ来年は東京オリンピックである。僕自身今のところは、あまり興味を持てないし、色々問題もありそうなオリンピックだが・・・ただ、オリンピックには世の中を変える面白い効果があるという研究結果があるそうだ。UCLAのローズ教授らが1950年から2006年までのオリンピック開催国について調べたところ、ほとんどの開催国で貿易が約3割増えていたという研究結果が出たのだという。この事について竹中平蔵さんは以下のように説...

続きを読む

日本の貿易依存度

日本は内需の国だからTPPなどの貿易自由化は必要ないという意見がある。国内の需要が活発で日本経済が好調なのであればその通りなのだろうが、アベノミクスでマシになったとはいえ景気回復を実感できないという声が大きいのだから貿易でも儲ける事を考えるべきだと思う。そもそも、日本の貿易依存度が低いのは何故なのだろうか?グラビティモデルという言葉がある。二国間の貿易額は二国の経済規模が大きいほど、又、二国間の物理...

続きを読む

外資系企業の誘致と地方の発展

2003年とだいぶ古い本に書かれていた事なのだが・・・伊藤元重さんが「日本はあまりにも中央集権的な国であるため、地方自治体は税優遇政策などによって、外資系企業を積極的に誘致する事ができない」という事を書いていた。地方の裁量権の少ない日本では、自治体が法人税を優遇し外資系企業を誘致する事が出来なかったのだろう。対外投資に比べて外国企業による対内投資が増えないという状況は2010年代になってからも続いたようだ...

続きを読む

コメの消費は減り、麦の消費は増えている

日本の米作は国によって保護されてきた。特に高い関税と減反による高価格化政策(「農作物に対する国民の負担」参照)には問題が多いと思う。山下一仁さんによると、その結果、コメの消費量はどんどん下がり、代わりに麦の消費量が増えているという。・米の一人当たり年間消費量は1962年度の118 kg から、2014年度には55 kg へ半減・麦の消費量は1960年の600万トンから今では850万トンに増加農業の話ではないが、塚崎公義さんは以...

続きを読む

金融緩和はハイパーインフレを招くか?

以前読んだ本で残しておいたメモの中から面白い物を見つけた。BRICsの2000年から2007年の急成長の理由について以下のような事が書いてあった。・この時期、米国は歴史的な低金利政策に舵を切り、金融緩和を継続した。・その流れを受けて、先進国はどこも、ものすごい金融緩和を遂行していった。・米国などから大量のお金が世界中に流れていき、そのチャンスに乗じた途上国や新興国が急成長を遂げた。・その大金融緩和政策で、市場...

続きを読む

ネットの功績

昨日のブログの中で「マスコミをあまり信用はしていないが、ネットなどと比べれば情報の信憑性はあるとは思う。」と書いた。ネットへの書き込みには情報の出典がなく、根拠が分からないものがあまりにも多いと感じる。それでも、ネットは素晴らしい。マスコミには取り上げられる事が少ない経済学者らの意見をネットでは見る事ができるし、僕達も自分の意見を、こうやって発信する事ができるからだ。昨日のブログでは、テレビについ...

続きを読む

テレビ放送に対する規制(電波オークション)

最初に断っておくと、マスコミをマスゴミなどとゴミ扱いする気はない。マスコミをあまり信用はしていないが、ネットなどと比べれば情報の信憑性はあるとは思う。又、偏向報道などという批判もあるが、世界中、日本中の全ての出来事を報道する事などできないと思うので、報道が偏ってしまうのは仕方がない事だと思っている。しかし、報道の自由を規制するのは問題であると思う。今の日本では、電波オークションも行われておらず、テ...

続きを読む

農作物に対する国民の負担

政府が農業(特にコメ)を保護する事で日本の消費者は大きな負担を強いられている。例えば、減反政策で減反に協力する事で農家は補助金をもらっているのだという。その事によってコメの供給を減少させ、米価を上げる目的があるという。つまり、税金の一部を農業のために使い、高くなったコメを買う事で消費者は二重に負担する事になっているという事になる。そのうえ、大事な農地が有効に使用されないのだから、多くの国民はある意...

続きを読む

日本の言論の自由

その国に言論の自由があるかを知るためには、現役と過去の政治家の評判を比較すれば良いという事を堺屋太一さんが言っていた事を覚えている。言論の自由のない国では、現役の政治家の評判は良くなる。批判をする事が時には死に繋がるから批判などできない。その政治家が死亡するなどして、初めて批判できるようになるので現役の政治家の方が評判が良いのだというような話だったと記憶している。戦争中の一時期を除いて、明治以降の...

続きを読む

日本の文化が広まるという事

飯田泰之さんがラジオ(2019年2月28日放送「飯田浩司のOK! Cozy up!)で面白い事を言っていた。日本の食料品を輸出するためには、日本食が海外に広まる事が大事なのだという。例えば、イタリアなどは小麦はエジプトあたりから輸入し、それをピザ、パスタなどに加工して輸出していたが、とにかくピザとパスタを徹底して売り込んだのだという。その結果、「どうせなら、イタリアンはイタリア産の小麦を使ったものを食べたいよね」と...

続きを読む

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。