FC2ブログ

記事一覧

弱者のためにならなかった消費者金融規制(安易な弱者救済は弱者をさらに苦しめる)

橘玲さんによると「高利貸しが多重債務者問題を引き起こし、それが年間3万人を超える自殺者を生む」という主張から、上限金利の引き下げと総量規制が行われたという(改正貸金業法)。総量規制の内容は「1社で50万円、または他社と合わせて100万円を超える貸付けを行なう場合には、年収の3分の1を超える貸付けを原則として禁止する」というもので、橘さんによると先進国でこのような規制を行っている国はないとの事だ。「イギリス...

続きを読む

日本には不況を願っている人が沢山いるから経済成長できない?

昔読んだ本の中で、景気が良い状態とは物と貨幣が活発に交換される状態であるという説明を堺屋太一さんがしていた記憶がある。又、「自由に商売するためには取引に制限があってはいけない。例えば、関所を越えるたびに税金を取られたり、(略)起業するのに特定の身分である必要があったりといった制度では効率が悪すぎる。」と上念司さんは説明している。たしかに、日本の中にいくつもの関所があって、それを越える度に税金を取ら...

続きを読む

便利は消費を喚起する(三橋貴明氏のおかしな主張など)

観光などで日本に来る外国人の数が2018年に3000万人を超えたのだという。僕が子供の頃だから30年前、外国に行く日本人の数は1000万人を超えていたが、日本に来る外国人は700万人とかそれぐらいだった記憶がある。その頃に比べると外国人旅行者は爆発的に増えている。原因は色々あるのだろうが、SNSなどインターネットで日本の色々な事を知り、それがきっかけで日本に来る人が多くなったようなという話をよく聞く。30年前にはインタ...

続きを読む

食品に関するおかしな規制

以前のブログ(「市場経済の自浄作用(貿易自由化は食の安全を脅かすか?)」)で、問題を起こせば業績悪化に繋がるので企業は安全面に最大限考慮するべきだという話を書いた。又、別の記事(「天下りとセットになっている規制(規制強化への動きには厳しい目を向けなければならない)」)では規制は天下りとセットになっており、規制が天下りに利用されているという事を書いた。以上の理由から規制緩和、規制改革をどんどん進める...

続きを読む

日本の道路の制限速度は最高でも時速100kmである理由(日本は民主国家とは呼べない国かもしれない)

日本の道路の制限速度は何故最高でも時速100kmなのであろうか?ドイツのアウトバーンは原則無制限だし、イタリアは130km、韓国では時速160kmの道路が計画中なのだそうだ。実は日本の道路は諸外国と同じぐらい速く走れる設計になっているのだと原英史さんは言う。実際、明らかに速度超過な車を頻繁に見かけるし、それらの車の多くは問題なく走行している。ドイツのアウトバーンでも速度制限がある区間があるらしいのだが、日本で運...

続きを読む

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。