FC2ブログ

記事一覧

人生100年時代には80歳ぐらいまで働くのが良いのかも

参議院選挙前だから、もう2か月も前になるが一人当たりの年金が生活費と比較して2000万円も足りないという事が話題になった。この事は平均的な貯えと暮らしをした場合の話で、中央値で見ると貯えも少ないが生活も平均よりも質素なので、足りない生活費は2000万円よりも少ないというのが実情のようである。又、年金は老後の生活費全てを賄うものでもないという事のようだ(実際、そう思っている人は多いであろう)。(※)中央値:有...

続きを読む

中高年になっても新しいチャンスをつかめるかもしれない

幸いにして 、22歳の時に就職してから現在に至るまで、僕はずっと会社員として働き続けることができている。非常に幸運だったのは、 僕の世代はバブル世代の末期で、僕の期までは非常に楽に就職先を見つける事ができた事だ。だから、就職氷河期に当たってしまい就職に苦しんだ今の40代前半の人達の事を気の毒に思う気持ちがある。その時に本当に就職先を見つけることができず、ニートになってしまった人もたくさんいるとも聞いてい...

続きを読む

派遣社員の手足を縛る派遣労働規制(終身雇用をなくさなければ根本的解決はない)

2010年2月厚生労働省から特定の派遣社員達に対して、「どんなに電話が鳴っていても出てはいけない」「人が出払っている時にお客様がいらしてもお茶汲みをしないように」という通達が出されたのだと原英史さんは本に書いている。このような、よく分からない規制強化の目的について原さんは以下のように推測している。---以下引用「企業がお茶くみなどの一般事務のため長期で人員確保したいなら本来正社員として雇うべき。だが、実際...

続きを読む

高プロ制度に対するマスコミの的外れな批判

高度プロフェッショナル制度(高プロ制度)に対して、「残業代ゼロ法案」、「過労死促進法案」などと呼んで朝日、毎日が批判をしていた。高橋洋一さん、橘玲さんが言っている事を読んで、左派マスコミの主張が的外れである事が理解できたので、その話を書きたい。高橋さんによると高プロの対象者は以下のような要件を満たさなければいけないという。・平均年収の3倍の年収(年収1千万円程度)がある事。この条件は法律によって決め...

続きを読む

自由な働き方に対する新しい試み(ワーケーション)

日本の労働生産性が低いという話をよく聞く。労働生産性は「生みだされた生産額を投下した労働の量で割った値、すなわち労働者1人1時間あたりの生産額で示される。」というのが定義だそうだから、日本人は働いている割に稼げていないという事になる。具体的なデータについて橘玲さんが紹介していて、日本の生産性はOECD 36カ国中21位、先進7カ国の中ではずっと最下位なのだそうだ。「その結果、かつては世界で最も豊かだった一人当...

続きを読む

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。