FC2ブログ

記事一覧

量的金融緩和の効果(続き)

以前の記事(「量的金融緩和の効果(実質金利など)」)の続きになるが、量的金融緩和の話をしたい。色々な本を読むと、色んな人が日本は生産性が低いという話をしている。一人の日本人が単位時間当たりで稼げる付加価値が少ないという事だ。つまり、長時間働いている割には稼ぎが少ない。だから、賃金も上がらず、日本経済も良くならないという事だ。生産性を高めるためには何が必要か?設備投資によって業務を効率化できれば、生...

続きを読む

三橋貴明氏の円高主張

経済の事が分かっていると胸を張って言えない僕が批判をしても説得力がないかもしれないが・・・何度か三橋貴明氏のブログを読んだ事があるが、「○○は経済の事が分かっていない」、「△△は売国奴だ」というような言い方で誰かを批判するのが好きな人のようである。では、三橋氏は経済の事がよく分かっている人なのだろうか?疑問に感じるのは、彼が円高を主張していた記事を見つけたからである。https://ameblo.jp/takaakimitsuhash...

続きを読む

アベノミクスへの評価

昨年暮れごろから盛んに言われ始めた印象があるが、安倍政権で実質賃金が下がっているという批判がある。このような批判は実は前からあって、2015年に出版された若田部昌澄「ネオアベノミクスの論点」という本にも「アベノミクスで実質賃金が下がっているという批判がある。」という話が書いてある。このような批判に対して若田部さんは以下のような説明をしている。---以下概要いわゆる団塊世代の高賃金層が定年を迎えごっそりと...

続きを読む

金融緩和はハイパーインフレを招くか?

以前読んだ本で残しておいたメモの中から面白い物を見つけた。BRICsの2000年から2007年の急成長の理由について以下のような事が書いてあった。・この時期、米国は歴史的な低金利政策に舵を切り、金融緩和を継続した。・その流れを受けて、先進国はどこも、ものすごい金融緩和を遂行していった。・米国などから大量のお金が世界中に流れていき、そのチャンスに乗じた途上国や新興国が急成長を遂げた。・その大金融緩和政策で、市場...

続きを読む

池田内閣によるエネルギー転換政策

1/13のブログ(「日本が高度成長を成し遂げられた理由」 URL:https://blogs.yahoo.co.jp/shizuokanochappa/58420887.html)では日本に資源が少なかったために高度成長が成し遂げられたという話を書いたが、日本にも石炭という資源があった。戦後直後の日本では、傾斜生産方式と呼ばれる石炭産業への注力が行われた。そのような状況だった日本のエネルギーを石油へ転換したのが池田内閣なのだそうだ。池田内閣は国内の石炭産業を...

続きを読む

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。