FC2ブログ

記事一覧

バカバカしすぎる日本の農政(転作補助金を止めればコメは安くなる)

自由な競争があればコメ農家がコメの価格をコントロールすることなどできず、コメの価格はもっと安くなるということを山下一仁さんは説明している。日本には200万のコメ農家がいることから、平均的に考えれば一戸の農家から供給されるコメの量は市場全体の200万分の1しかない事を意味する。そのような現状では、どんなに大規模な農家でも市場全体に占めるシェアが非常に小さいため、その農家がコメの供給量減らし、価格を上げよう...

続きを読む

農地が狭くても輸出額は増やせる

非常に意外な感じがするが、日本国内で農業生産額の多い順に並べると関東、九州、東北、北海道の順なのだという。農業が盛んなイメージがある東北、北海道より関東の方が生産額が多いのだ。又、世界の農産物輸出額上位9ヶ国をみると、こちらも意外だが、ヨーロッパに集中しているという。世界第2位の農産物輸出国は国土面積の小さいオランダなのだという。土地資源に恵まれているオーストラリアは15位だ。山下一仁さんによると、北...

続きを読む

日本がいつも外交的に弱腰は本当か?

少し前の話になるが、福島県産などの水産物を韓国が輸入禁止にしている件で、日本がWTOの紛争処理で敗訴になったという事がニュースになった。日本では普通に食べられているのだろうし、なんだか釈然としない思いは僕もした。この事について、橘玲さんが意外な事を書いている。日本の主張は正しいとしながらも、違和感があるというのだ(ちなみに、橘さんがこの話を書いているのは判決が出る前の2013年)。橘さんが違和感を感じた...

続きを読む

関税自主権(日米貿易交渉は怖くない)

TPP交渉の時に、「TPPに参加すると関税自主権が失われる」という主張が反対派から出た。彼らは江戸時代末期の開国時に日本の関税自主権が失われたというイメージを使って、TPPは危ないという印象を国民に植え付けたかったのだろう。日米貿易交渉でも、このような主張が出てくるかもしれない。しかし、現代のグローバル化された世の中でこのような主張になんの意味があるのだろうか?山下一仁さんは、関税を自由に設定できるという...

続きを読む

日本の米作は海外とも競争できる

日本の国産米価格について、ちょっと信じられないデータがある。山下一仁さんによると2014年度の国産米売価はカリフォルニア米を下回っていたというのだ。2014年以外は日本の米価の方が高いが、2014年に関して言えばカリフォルニア米の方が高くなっている。TPP反対派はTPPによって農作物に対する関税が引き下げられれば、日本の農業は壊滅すると主張していたが、日本の農作物の中でも最も関税が高いモノの一つであるコメでさえ価格...

続きを読む

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。