FC2ブログ

記事一覧

自由貿易はどんな時もWin-Win(保護貿易でも消費増税でも、デッドウェイトロスが発生する)

日米貿易協議が両国間で合意されたようだ。日本はTPP並みに輸入農産物の関税を下げる一方、米国が輸入する自動車にかけられている関税は当面撤廃されない事になったようだ。もう少し詳細が欲しいところだが、もしかしたら日本が譲渡した部分の方が大きいのかもしれない。事実、今回の交渉は日本の負けなのではないか?そんな意見もネットで見かけた。しかし、安倍首相は今回の交渉を「Win-Win」だと言っている。安倍首相の言ってい...

続きを読む

自己責任社会は人の絆を弱めない

ジャーナリストの木村貴さんという方が書いた「資本主義は人の絆を弱めるというウソ」という記事を見つけた。僕も「資本主義は人の絆を弱める」に近い主張をネットやテレビで見た事がある。木村さんによると、ギリシャの元財務相で経済学者であるバルファキス氏という人が資本主義を批判しているらしい。家族や友人と家事の分担やプレゼント交換などを行うことは、ある種の交換ではあるが、市場での取引とは異なり、親密さのあかし...

続きを読む

外資が理由でIRに反対するのは韓国日本製品不買運動と同じ

以前書いたブログ(「それでも、日本人が韓国人よりも賢いと考える理由」)で日本製品の不買運動などバカげていると書いたが、その後の報道によるとこの事は韓国経済にも悪影響を与えているようだ。韓国から日本への観光客などが減った結果、日本行きの航空便が減便、LCCの利用客も減っているというのだ。日本製品の不買運動をしているというが、そもそも厳密に日本製品を分ける事などできるのであろうか?そもそも不買運動が始ま...

続きを読む

日本には不況を願っている人が沢山いるから経済成長できない?

昔読んだ本の中で、景気が良い状態とは物と貨幣が活発に交換される状態であるという説明を堺屋太一さんがしていた記憶がある。又、「自由に商売するためには取引に制限があってはいけない。例えば、関所を越えるたびに税金を取られたり、(略)起業するのに特定の身分である必要があったりといった制度では効率が悪すぎる。」と上念司さんは説明している。たしかに、日本の中にいくつもの関所があって、それを越える度に税金を取ら...

続きを読む

便利は消費を喚起する(三橋貴明氏のおかしな主張など)

観光などで日本に来る外国人の数が2018年に3000万人を超えたのだという。僕が子供の頃だから30年前、外国に行く日本人の数は1000万人を超えていたが、日本に来る外国人は700万人とかそれぐらいだった記憶がある。その頃に比べると外国人旅行者は爆発的に増えている。原因は色々あるのだろうが、SNSなどインターネットで日本の色々な事を知り、それがきっかけで日本に来る人が多くなったようなという話をよく聞く。30年前にはインタ...

続きを読む

フリーエリア

以下で更新していく予定です
~2019/9/28 毎日19:00
2019/9/29~ 毎週火曜日、金曜日、他随時

応援して下さる方、以下をクリックしてください(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング

プロフィール

shizuokanochappa

Author:shizuokanochappa
Yahooブログから引越してきました。
たぶん、新自由主義者です。
よろしくお願いいたします。